死角の内的要因と外的要因

赤かぶ02車を運転する人は見通しが悪く、見えにくいところになる場所に行くことがあると思います。そこは、目視による安全確認をすれば大抵の危険や事故は防ぐことができます。しかし、一瞬の気の緩みが、思わぬ事故やトラブルを引き起こすということも多く、注意しなければなりません。そこで、死角の内的要因と外的要因についてお伝えします。内的要因では、例えば車の走行中に、隣にバイクや自転車がいるのですが、サイドミラーに映らない、これも1つの内的要因です。

朝食と女性外的要因では、例えば、細く急カーブになっているとします。対向車がきているのだけれども、カーブになっていて見えないその場合、対向車が外的要因になります。これを防ぐには、見通しが悪い場合、目視による安全確認が重要です。
サイドミラー、カーブミラーだけでなく、左右を目視して安全確認を行い、大丈夫であろうという意識で走行せず、ここは気を付けていかないとという意で運転しましょう。見えない部分にはバイク、自転車、歩行者がいたりと非常に分かりにくいものです。カーブでは、前方を意識して、左右が見えなかったりして、左右のバイクや自転車が見えなかったりして、巻き込み事故を起こしたり、してしまうことも多いようです。一瞬の油断が事故の元になるのです。
松茸