‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

交通違反や事故を起こす運転者の性格やクセについて研究開発されたもの 

2014/04/26

路上運転での様々な危険性は思わぬところに潜んでいます。
交通事故はいつ何時誰が起こすか分からず、気を付けているからいいと思っていても、ふりかかってくる事故もあり、自分は運転が上手い、細心の注意を払っているなどという運転に対するエゴや驕りが本来一番危険と言われています。
運転に対する自信はベテランドライバーにあることが多いのですが、この自信が多くの危険を招きます。
例えば、職業運転手やレーシングドライバーの場合、常に危険と隣りあわせで、ハンドルを握ることを仕事にしているプロのドライバーほど、運転に対する自信や慣れによる警戒心の欠如はなく、素人ドライバーに限って自分の運転技術を過信する傾向があります。
運転時のトラブルを招く人は、運転のクセや性格が大きく出ます。
前の車が遅いとイラ付いたり、運転技術を過信して暴走したり、交通違反をした挙句、取締りを受けると警察官に反抗し、自分が正等であるというような内容を主張したりと、その人の性格が大きく運転に影響していると言えます。
運転が不慣れでスピードも出さない、細い道路は通らない、防衛意識の高い人ほどトラブルに合いにくく、過信している人ほどトラブルが多いのが実態です。
現在、運転教習では違反を起こしやすいタイプや日ごろのクセなどが研究され適正テストなどの教育開発が進んでいます。

自分の長所、短所を自覚した運転を心掛ける

2014/04/26

車の運転というのは人の性格が出るものです。自分の性格の長所や短所をしっかりと自覚して車の乗るのが良いです。そうすれば、事故を防ぐことにも繋がります。車の乗るとなるべく目的地まで早く到着したいものです。そのため、信号に引っかかることは避けたいものですが、交通ルールとして信号を無視することはできません。何度も信号に引っかかりますと、それに対してイライラしてしまう場合、それは短所だと言えます。また、信号が青に切り替わったときに前方の車がそれに気がついていないとき、それに対してクラクションを鳴らして早く行ってほしいと不満に感じる場合も同様です。こうしたところにイライラしますと、それは事故に繋がることがおおいです。目的地まで早く到着できることは好ましいものですが、どれだけがんばっても普通にルールに従って走行していれば、それほど大きな時間の差になることはありません。たった数分程度の差のために事故を起こしやすいリスクを背負うのは好ましいとはいえません。自分の性格として長所を少しでも多くできるように心がけたいものです。普段の走行からイライラすることもなく、ゆとりのある性格を持つことを心がけて見ると良いです。

適性検査結果に基づく行動分析

2014/04/26

車を運転する上では、とにかく安全運転に徹して運転をすることがドライバーにとって求められることとなります。これに反するドライバーに対しましては、免許証を交付することはできないこととなります。安全な交通社会を構築する上でも、一人一人の心がけが重要となるのです。
しかしながら、自分自身ではしっかり気をつけていたとしましても、第三者から見た場合にはそれが必ずしも正しいものとは言えないようなことも多くあるものです。これは私たちの行動全てにおきまして言えるようなことなのではないでしょうか。仕事のことにしても勉強のことにしても、その他のことにも当てはまることなのです。特に車の運転に関しましては、このようことを正しく行わないことには、いつか交通事故を誘発してしまうようなことも十分に考えられるのです。ですからこのような事実があるということをドライバーは知識として知っておかなければならないのです。
自分の運転を第三者に見てもらって評価を受けることが一番の安全対策になることは間違いありません。しかしこれがなかなかできる機会がないこともあり、それに代わるものとして適性検査結果を利用して、自分自身の行動分析につなげることがなされているのです。

カーブによる死角の恐ろしさ

2014/04/26

自動車を運転する人であれば、必ず死角が存在する場所き差し掛かります。そこを見落とすと、事故を起こしたり、様々なトラブルを引き起こすことがあります。例えばカーブです。緩いところから急なところまであり、どこまでが見えない部分か分かりにくいものです。特に見通しが悪いとより、見えにくく生りやすいもので、そこの部分には大抵はミラーがついています。しかし、ミラーだけでは視界に入らないところもあります。そこで、重要なのは減速は勿論ですが、目視による確認です。曲がるときはに前方だけを確認し、左右の確認をしないと、バイク、自転車や歩行者を巻き込み事故にしてしまうケースもあります。サイドミラーをみれば確認はできますがらサイドミラーの至近距離では確認することができません。ですので、見通しが悪いところでは外のミラーと車のサイトミラーだけでなく、目視による確認でほぼ安全に走行することができます。見えない危険というのは、だどこに潜んでいるのか、非常に分かりにくいものですが、どこが危険なのかをあらかじめ予測し、そこを安全に走行すれば事故を防ぐことができます。事故は起こらないだろうという意識で運転せず、死角になりそうなところでは、ミラーの活用と目視による安全確認が、あなただけでなく、他の人の命を守ることにつながるのです。

パッシングとハザードランプの正しい利用法

2014/04/26

自動車教習所で教えてくれることが全てとは限りません。 実際には、免許を取って路上で走ってからも、学ぶことがたくさんあります。 そのひとつに、パッシングやハザードランプの使い方があります

まず前者ですが、その使い方としては、対向車に道を譲ってもらったときです。 その際に、頭を下げる人などをよく見かけますが、頭を下げると視界が狭まりますので、あまりお勧めはできません。 他の利用方法としては、横断歩道にいるときです。 ある人が横断歩道で歩行者の横断を待っているとき、対向車線の車にもそのことを伝えるために用います。

では、ハザードランプというのはどのように用いるのでしょうか。 最近では、急ブレーキを踏むと自動的にハザードになる車も登場してきております。 基本的には、車を駐車するときです。 特にバックで駐車場に入れる場合、後ろに車がついていると、いきなりバックされて驚くこともあります。 そのとき、バックしますという意味でハザードをつけるのです。 そのほかには、間に入れてもらったときです。 車線変更をするとき、横にいる車にスペースをあけてもらい、進路を譲ってもらったときに、後ろにいる車に対して感謝の気持ちをこめてハザードをつけます。

右直事故に要注意

2014/04/26

交通事故というものはとても嫌なものです。誰しも進んで交通事故に遭いたいと思われている方はいないでしょう。できるだけこのようなものは避けて通りたいものです。しかしながらそれでも毎日のように交通事故は発生していることが、現在の交通状況の実態となっています。場合によっては死者も発生することから、絶対に運転中には油断をしてはいけません。
交通事故の多くは道路上の交差点において発生しているのです。なぜ交差点は交通事故が多いのかと言いますと、やはりお互いの交通の流れがそこで交わるから、どうしても接触事故に発展するケースが多くなってしまうのです。ドライバーはこのようなことがあるとはわかっていながらでも、交通事故にまで至ることもしばしばあります。それはドライバーの注意が足りなかったと言わざるを得ないのです。
交差点での交通事故の特徴として、右直事故があります。殆どの交通事故がこのタイプのものとなります。右折車と直進車による交通事故となるものなのですが、その中でも四輪車と二輪車が関係するケースが非常に多いのです。四輪車から二輪車を見ますと、非常に小さく見えることから錯覚を起こし、それが判断ミスにつながっているのです。

見ようとしないと見えない危険を予測する

2014/04/26

車を運転している人は、必ず死角を作ったり、死角になる場所を通ったりすると思います。死角の1つに、見通しの悪い交差点を例にあげてみましょう。交差点の左右が見えなかったり、見えにくいところには様々な危険が潜んでおります。例えばバイクが急にその交差点を曲がって来たり、急に歩行者が横断者が出てきたりと多いです。見通しが悪い場合には、徐行し、安全確認をしっかりと行い、あらかじめ出てくるのではないかと危険を予測することで、未然に防ぐことができます。しかし、それに加え見えにくい交差点には、歩行者や自転車、バイクが飛び出して来ることがあります。これを防ぐには非常に難しい部分が大きいです。では、どうすれば防ぐことができるのでしょうか。もちろん歩行者や自転車が気をつければ済む話かもしれませんが、車を運転する側も、いつ出てくるのかわかりませんので、あらかじめ出てくるかもしないと考えながら運転し、見えにくい交差点等では徐行し、いつでも止まれる速度で運転することで防げます。そして、安全確認を行い、交差点ミラーだけに頼らず必ず目視することで、より安全に走行することができます。そうすることで、見えにくい交差点でも、安全に進むことができます。

スペースクッションドライビングを心がけよう

2014/04/26

自動車の運転技術は単にスピードを出して走行させることができるという単純なものではなく、常に道路状況に適している運転を身に付けることが何より大切になります。例えば一般的な片側が2車線の道路を走行している時に、車線変更を行って右車線に移動することを行う場合では、前を走行する自動車と十分にスペースクッションを保つことによって、安全に車線変更を行うことができます。また、右折や左折を行う場面でも、前方を走行している自動車に付いて惰性で一緒に曲がることは非常に危険になります。道路脇からオートバイが出てきたり、歩行者が通過する可能性も十分にあるために、常にスペースクッションを維持することが必要とされています。この運転技術に関してはスペースクッションドライビングとも呼ばれているものですが、高速道路などでも車線を横切って出ることを必要としているシーンでも、スペースクッションを十分に保つことが必要で、高速道路の出口付近は急カーブも多く、制限速度が低めに設定されており、追突事故などが発生しやすい場所でもあるために、適切な車間距離を持って注意することが求められています。さらに、何気ない一般的な道路を走行していても、周囲の自動車の死角に入らないようにスペースクッションを保つことで、無用な事故を防ぐことができます。

死角と運転

2014/04/26

ガリバー 評判

 

自動車を運転していて一番怖いのが死角です。 ドアミラーで安全確認したのに、自転車や歩行者の存在に気が付かず人身事故を起こすケースが多々あります。

確かにドアミラーでは、何もなかった。では、なぜ人身事故が起こるのか。 それは、ドアミラーでは見えきれなかったものがそこにあったからです。 安全確認でドアミラーを使いましても、見られるのはごく一部の範囲。それ以外の所は見られなく、ドアミラーで見られなかった所に歩行者や自転車がいたから事故が起こります。

特に怖いのがトラックなどの運転席が高いタイプの乗り物です。 ドアミラーのほかに運転席下部が見られるミラーもついていますが、それでも完全に運転席の真下をすべて見られるわけではないです。仮に下に子供がいることに気が付かずに発進してしまい轢いてしまったら惨事です。

これらは停止していて起こり得る事例ですが、もっと怖いのが左折時です。 内輪差の怖さもありますが、停止時と比べて余計に見えにくい範囲が広がり、曲がろうとしていたところに自転車が突っ込んでくることもあり得ます。 左折時に限らず、走行時は常に気を付けないといけません。

これらの事故を無くすためには、ドアミラーでの確認の他にも目視が大事になります。