カーブによる死角の恐ろしさ

自動車を運転する人であれば、必ず死角が存在する場所き差し掛かります。そこを見落とすと、事故を起こしたり、様々なトラブルを引き起こすことがあります。例えばカーブです。緩いところから急なところまであり、どこまでが見えない部分か分かりにくいものです。特に見通しが悪いとより、見えにくく生りやすいもので、そこの部分には大抵はミラーがついています。しかし、ミラーだけでは視界に入らないところもあります。そこで、重要なのは減速は勿論ですが、目視による確認です。曲がるときはに前方だけを確認し、左右の確認をしないと、バイク、自転車や歩行者を巻き込み事故にしてしまうケースもあります。サイドミラーをみれば確認はできますがらサイドミラーの至近距離では確認することができません。ですので、見通しが悪いところでは外のミラーと車のサイトミラーだけでなく、目視による確認でほぼ安全に走行することができます。見えない危険というのは、だどこに潜んでいるのか、非常に分かりにくいものですが、どこが危険なのかをあらかじめ予測し、そこを安全に走行すれば事故を防ぐことができます。事故は起こらないだろうという意識で運転せず、死角になりそうなところでは、ミラーの活用と目視による安全確認が、あなただけでなく、他の人の命を守ることにつながるのです。

コメントは受け付けていません。