交通違反や事故を起こす運転者の性格やクセについて研究開発されたもの 

路上運転での様々な危険性は思わぬところに潜んでいます。
交通事故はいつ何時誰が起こすか分からず、気を付けているからいいと思っていても、ふりかかってくる事故もあり、自分は運転が上手い、細心の注意を払っているなどという運転に対するエゴや驕りが本来一番危険と言われています。
運転に対する自信はベテランドライバーにあることが多いのですが、この自信が多くの危険を招きます。
例えば、職業運転手やレーシングドライバーの場合、常に危険と隣りあわせで、ハンドルを握ることを仕事にしているプロのドライバーほど、運転に対する自信や慣れによる警戒心の欠如はなく、素人ドライバーに限って自分の運転技術を過信する傾向があります。
運転時のトラブルを招く人は、運転のクセや性格が大きく出ます。
前の車が遅いとイラ付いたり、運転技術を過信して暴走したり、交通違反をした挙句、取締りを受けると警察官に反抗し、自分が正等であるというような内容を主張したりと、その人の性格が大きく運転に影響していると言えます。
運転が不慣れでスピードも出さない、細い道路は通らない、防衛意識の高い人ほどトラブルに合いにくく、過信している人ほどトラブルが多いのが実態です。
現在、運転教習では違反を起こしやすいタイプや日ごろのクセなどが研究され適正テストなどの教育開発が進んでいます。

コメントは受け付けていません。