死角と運転

ガリバー 評判

 

自動車を運転していて一番怖いのが死角です。 ドアミラーで安全確認したのに、自転車や歩行者の存在に気が付かず人身事故を起こすケースが多々あります。

確かにドアミラーでは、何もなかった。では、なぜ人身事故が起こるのか。 それは、ドアミラーでは見えきれなかったものがそこにあったからです。 安全確認でドアミラーを使いましても、見られるのはごく一部の範囲。それ以外の所は見られなく、ドアミラーで見られなかった所に歩行者や自転車がいたから事故が起こります。

特に怖いのがトラックなどの運転席が高いタイプの乗り物です。 ドアミラーのほかに運転席下部が見られるミラーもついていますが、それでも完全に運転席の真下をすべて見られるわけではないです。仮に下に子供がいることに気が付かずに発進してしまい轢いてしまったら惨事です。

これらは停止していて起こり得る事例ですが、もっと怖いのが左折時です。 内輪差の怖さもありますが、停止時と比べて余計に見えにくい範囲が広がり、曲がろうとしていたところに自転車が突っ込んでくることもあり得ます。 左折時に限らず、走行時は常に気を付けないといけません。

これらの事故を無くすためには、ドアミラーでの確認の他にも目視が大事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。