見ようとしないと見えない危険を予測する

車を運転している人は、必ず死角を作ったり、死角になる場所を通ったりすると思います。死角の1つに、見通しの悪い交差点を例にあげてみましょう。交差点の左右が見えなかったり、見えにくいところには様々な危険が潜んでおります。例えばバイクが急にその交差点を曲がって来たり、急に歩行者が横断者が出てきたりと多いです。見通しが悪い場合には、徐行し、安全確認をしっかりと行い、あらかじめ出てくるのではないかと危険を予測することで、未然に防ぐことができます。しかし、それに加え見えにくい交差点には、歩行者や自転車、バイクが飛び出して来ることがあります。これを防ぐには非常に難しい部分が大きいです。では、どうすれば防ぐことができるのでしょうか。もちろん歩行者や自転車が気をつければ済む話かもしれませんが、車を運転する側も、いつ出てくるのかわかりませんので、あらかじめ出てくるかもしないと考えながら運転し、見えにくい交差点等では徐行し、いつでも止まれる速度で運転することで防げます。そして、安全確認を行い、交差点ミラーだけに頼らず必ず目視することで、より安全に走行することができます。そうすることで、見えにくい交差点でも、安全に進むことができます。

コメントは受け付けていません。