パッシングとハザードランプの正しい利用法

自動車教習所で教えてくれることが全てとは限りません。 実際には、免許を取って路上で走ってからも、学ぶことがたくさんあります。 そのひとつに、パッシングやハザードランプの使い方があります

まず前者ですが、その使い方としては、対向車に道を譲ってもらったときです。 その際に、頭を下げる人などをよく見かけますが、頭を下げると視界が狭まりますので、あまりお勧めはできません。 他の利用方法としては、横断歩道にいるときです。 ある人が横断歩道で歩行者の横断を待っているとき、対向車線の車にもそのことを伝えるために用います。

では、ハザードランプというのはどのように用いるのでしょうか。 最近では、急ブレーキを踏むと自動的にハザードになる車も登場してきております。 基本的には、車を駐車するときです。 特にバックで駐車場に入れる場合、後ろに車がついていると、いきなりバックされて驚くこともあります。 そのとき、バックしますという意味でハザードをつけるのです。 そのほかには、間に入れてもらったときです。 車線変更をするとき、横にいる車にスペースをあけてもらい、進路を譲ってもらったときに、後ろにいる車に対して感謝の気持ちをこめてハザードをつけます。

コメントは受け付けていません。