スペースクッションドライビングを心がけよう

自動車の運転技術は単にスピードを出して走行させることができるという単純なものではなく、常に道路状況に適している運転を身に付けることが何より大切になります。例えば一般的な片側が2車線の道路を走行している時に、車線変更を行って右車線に移動することを行う場合では、前を走行する自動車と十分にスペースクッションを保つことによって、安全に車線変更を行うことができます。また、右折や左折を行う場面でも、前方を走行している自動車に付いて惰性で一緒に曲がることは非常に危険になります。道路脇からオートバイが出てきたり、歩行者が通過する可能性も十分にあるために、常にスペースクッションを維持することが必要とされています。この運転技術に関してはスペースクッションドライビングとも呼ばれているものですが、高速道路などでも車線を横切って出ることを必要としているシーンでも、スペースクッションを十分に保つことが必要で、高速道路の出口付近は急カーブも多く、制限速度が低めに設定されており、追突事故などが発生しやすい場所でもあるために、適切な車間距離を持って注意することが求められています。さらに、何気ない一般的な道路を走行していても、周囲の自動車の死角に入らないようにスペースクッションを保つことで、無用な事故を防ぐことができます。

コメントは受け付けていません。