自分の長所、短所を自覚した運転を心掛ける

車の運転というのは人の性格が出るものです。自分の性格の長所や短所をしっかりと自覚して車の乗るのが良いです。そうすれば、事故を防ぐことにも繋がります。車の乗るとなるべく目的地まで早く到着したいものです。そのため、信号に引っかかることは避けたいものですが、交通ルールとして信号を無視することはできません。何度も信号に引っかかりますと、それに対してイライラしてしまう場合、それは短所だと言えます。また、信号が青に切り替わったときに前方の車がそれに気がついていないとき、それに対してクラクションを鳴らして早く行ってほしいと不満に感じる場合も同様です。こうしたところにイライラしますと、それは事故に繋がることがおおいです。目的地まで早く到着できることは好ましいものですが、どれだけがんばっても普通にルールに従って走行していれば、それほど大きな時間の差になることはありません。たった数分程度の差のために事故を起こしやすいリスクを背負うのは好ましいとはいえません。自分の性格として長所を少しでも多くできるように心がけたいものです。普段の走行からイライラすることもなく、ゆとりのある性格を持つことを心がけて見ると良いです。

コメントは受け付けていません。